東日本大震災の義援金に協力!


クラスで鶴を折り、東日本大震災の義援金に協力しました!

震災が起こった数日後、クラスでも地震の話をしました。 「日本で、何が起こった知ってますか?」と言った瞬間、子ども達の顔の表情が一瞬にして変わりました。 日本におじいちゃんやおばあちゃんがいる子ども、親戚がいる子ども、お友達がいる子ども みんなが、日本に何だかの関係を持っている子ども達、彼らもとても大きなショックを受けていたようです。
私を含め、先生達はみんな日本人なので、日々のニュースに心を痛めていたのですが、心を痛めていたのは、大人だけじゃなかったのですね。
遠く離れていて、ここからでは何も手伝う事が出来ないけれど、何か出来る事を。と みんなで、一緒に鶴を折りました。子ども達が、一人一人、心をこめて折りました。 3歳、4歳児の子ども達も上級生に手伝ってもらいながら、頑張って折りましたょ。

この鶴は、Students Rebuild.org を通してthe Bezos Family Foundation からの義援金で 東日本大震災の義援金として日本に送られます。 1羽折ると$2となるのです!SORAから全部まとめて52羽を送りました。 1日も早い日本の復興をみんなで祈りました。頑張れ日本!

Paper Cranes for Japan

 


Page Top