節分ってなんの日?

2月3日は節分です。

節分とは、もともと季節が変わるときを教えてくれる日のことでした。

日本の冬は長く、その冬が終わりますよ!もうすぐ春がきますよ!と知らせてくれる日でした。

春の始まりのことを日本語では立春といいます。漢字で書くと春が立つと書きます。節分はその前日にあたります。

今は2月3日が節分ですが、昔のカレンダーでは立春を1年の始まりとしていたので、節分は大晦日にあたりました。

節分は豆まきで悪いものを払い翌日からの新しい1年を迎える大切な日だったのです。

昔は鬼ではなくて恐ろしい面をつけて矛と盾で不吉な鬼を追い払う人がいましたが、いつの間にかその怖い顔の人鬼のイメージに変わっていってしまったようです。

皆さんご存知でしたか?


Page Top